* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2005.02.20 → ドロップアウトから成功者へ -スケートボード-
アメリカのスケートボーダーズの間では有名なDreamland Skateparks。12年前まで、浮浪者、ドロップアウトとして世間から見なされていた彼ら。しかし、今ではスケートボード施設の専門的技術であちこちからひっぱりだこ。何があったのか?

全てはここから始まりました。そこは、オレゴン州ポートランドのBurnside Bridge(バーンサイド橋)の下にあるBurnside Skatepark(バーンサイド・スケートボードパーク)。

この辺りは、ダウンタウンでも治安が悪いと言われている地域なのですが、このパークの周りだけ若者で賑わっていて、違う空気が流れています。

1993年、ポートランドのBurnside Bridge(バーンサイド橋)の下に、彼らは土地の所有者に無断で、寄贈された材料のみでこのスケートボードパークを作りました。ただ、スケートボードをする場所が欲しかったから。

すぐに、スケートボード狂の間での口コミがオレゴンの境界を超えて広まり、他の州からもスケーターがやって来るようになります。

気づくと、このパークが彼らの一種の履歴書となり、ポートランド市もこの施設の許可に同意することに。

そんな彼らを世間がほっとくわけがありません。最初の仕事の依頼は、オレゴン州リンカーン・シティから。すぐに、『アメリカで最も難しいパーク』として、スケートボードのライフスタイル刊行誌・Thrasher magazineで特集されました。

その後の仕事の依頼でも、ユニークで難しいパークを作っていく彼ら。

その間に、Burnside施設の輪郭は、ソニープレイステーションの有名なゲーム『Tony Hawk Pro-Skater』の背景にも使用されました。

今では、全米のあちこちでDreamland Skateparksのメンバーが設計したスケートボードパークを目にすることが出来ます。

Burnside Skatepark(バーンサイド・スケートボードパーク)は、誰でも無料で使用出来るので、一度こ~んな技↑に挑戦してみるのもどう?

Burnside Skatepark(オレゴン州ポートランド)
ポートランドのダウンタウンからは、コロンビア川を渡ってすぐ。
バーンサイド橋の下。
スポンサーサイト
18:38 *** [オレゴン州ポートランド]生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top
<<「牛丼」食べ放題 | Home | 日本のテレビが恋しい?>>
コメント
コメントの投稿











 管理者「ぜろ」にだけコメント表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tenderpaw.blog4.fc2.com/tb.php/5-605a296e
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。