* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2005.08.01 → チャップリンとアンティークの街
「Fremont(フリーモント)のNiles(ナイルズ)には、アンティークショップが沢山あるよ。」と教えてもらい、そんな素敵な街が近場にあったとは・・・そりゃ行かねば!と行って来ました。

ダウンタウンの近くに来ると、『Niles →』の看板が多くなる。親切ね~と迷うことなく到着。メインストリートに沿うように貨物列車が走る光景が似合う古い街並み。歴史を感じる建物には、アンティークの文字がずら~り(全部で16軒)。日曜日だっていうのに、閑散とした空気が流れているのがこれまた渋い。



端っこから一軒一軒アンティークショップを巡り歩く内に、ふと気づく事が。最初に入ったアンティーク・モールにチャーリー・チャップリンのブースがあったのを初め、壁画あり、看板あり、ハーレー兄ちゃん(おじさん)が集まるバーの前には人形が立っていたりと、街全体がチャップリンで溢れている。Silent Film Museum(サイレントフィルム博物館)まであったりで、この小さな街とチャップリンに一体何の関係が~!

家に帰って調べてみたところ、このNiles(ナイルズ)には、かつてチャーリー・チャップリンが契約していた映画会社・ Essanay Studiosがあり、初期のサイレント映画時代にチャップリン自身も住んでいたんだそう。そして、1915年に公開された『The Tramp』と『The Champion』は、この街で撮影されたとのこと。こんな近くにチャップリン縁の街があったとはびっくり。



アンティークはお店が多いだけあってバラエティー豊かな品揃えで、お買い得商品も多数あり見ごたえがあった。今回は、値段のチェックをするのがメインといった感じ。でも、旦那は40年程前の東京の絵葉書セットを買っていた(笑)。



------------------------
Niles(ナイルズ)の公式サイト(英語)
Niles Blvd., Fremont, CA 94536
衛星写真で検索?
------------------------
スポンサーサイト
09:26 *** [サンノゼ]フリーマーケット・アンティークモール | トラックバック(1) | コメント(4) | Top
<<飛行機を真下から見る | Home | 通りがかりに入ったお店>>
コメント
これは面白いところを見つけましたね♪
行ってみたーい!!
サイレントフィルム博物館に興味深々です。
またまた情報ありがとうございました♪
2005.08.03 13:49URL | みん #-[ 編集] | Top
なんだか予想外の街でびっくりです。
ちょうど行った日に、サイレントフィルム博物館の隣の空き地で昔の衣装で着飾った人たちが大勢いたんですよ。どうやら、ドネイションを兼ねたバーベキューをやっていたらしいです。結構色々なイベントを定期的にやっている街のようで、これからも目が離せません~。
2005.08.03 16:35URL | ぜろ #.ciQz8fI[ 編集] | Top
以前,Sunolに行くときに,この小さな街を通過したことがあって,運転をしながらも独特の雰囲気,不思議な空間に引き込まれそうになったことを想い出しました(笑).こんな所だったら,引き込まれても十分楽しめそうですね.その時には,なんでこんな所に,アンティークの街が・・・と思っていたのですが,少し謎が解けました.有り難うございました!
2005.08.10 05:50URL | hesse60 #-[ 編集] | Top
確かに、独特の雰囲気がありますよね(笑)。
アンティーク店が多いのは、どうしてなんでしょうね。日曜日なのに閑散としている雰囲気が、気に入っちゃいました。アメリカの大半の街はこんな感じなんだろうな。
2005.08.20 18:05URL | ぜろ #.ciQz8fI[ 編集] | Top
コメントの投稿











 管理者「ぜろ」にだけコメント表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tenderpaw.blog4.fc2.com/tb.php/165-e089c09e
Nilesへ散歩♪
いつもながら車の無い私ら、バスに乗ってNilesへと思ってバス乗り場に行くもバス来る時間まで1時間もある・・あー今日は休日運行なのね・・しょーがないので歩いてやるっ私が住ん

CA Report 2006.01.23 12:21
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。