* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2006.11.07 → おやじPEZ


ずーっとご無沙汰だったPEZ。購入欲が全く沸かなくて。
でも、久々にガツーンと来たのがこれこれ。Orange County ChoppersのPEZ。

観たことはないけれど、ディスカバリーチャンネルで放送されている
カスタム・バイク製作物語の番組らしい。



アメリカンチョッパーデザインのメタル缶に入った限定品。$9.99。



出演者バイクオヤジ3人組の顔がリアルで、渋いっ。
今の一番のお気に入りになりました~。

トイストーリーもいい加減、発売になってくれないかなあ。
スポンサーサイト
16:49 *** [PEZ]コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) | Top
* 2006.11.03 → 法医解剖合同慰霊式
病院で亡くなった1時間後には、主治医から献体依頼の話がありました。

父と献体について話したことはもちろん無く、主介護者だった私が答えを出すことに。

ついさっき亡くなったのに、今はもう、献体のことについて話し合わなければならない。

辛いけれど、父のためにも、冷静に真剣に考えなければならない大切な時間でした。

ALSは未だに治療法の無い難病であること。

痴呆を伴う湯浅型ALSの患者数は少ないこと。

進行が早かったこと。

数週間前に、治療法確立のためのDNA提供をしていること。

全てのことを考慮して、

父もこの病気のために献体をすることは嫌ではないだろう。
今も闘っている多くの患者さんのためにも、父がALSになった意味を少しでも未来に残すためにも、ALSに関係する脳と脊髄、肩周りの筋肉の献体に同意しました。

献体解剖時間はおよそ1時間半。予想外に早いんですね。
その間に、葬儀屋を見つけて、自宅に帰らせる手配をして・・・。

悲しむ間もない、やるべきことの多い毎日。



3週間程経ったある日。
病院から、「法医解剖合同の慰霊式」の案内状が届きました。

通夜、告別式は無事に終わったけれど、献体した後、父は一体どうなっているんだろうと、気になりだした頃の手紙。

病院側でちゃんと慰霊式をやってくれるんだ!と嬉しかったです。



日付は、49日法要が終わって2週間後の落ち着きを取り戻した頃。

気持ちを新たに父を見送るには、ちょうど良い時期。

場所は、築地本願寺
「立派な場所でやってくれるんだなあ。」と、正直思いました。

どの位の人が参加するのかも、規模も全く分からないので、献花をして終わりの、質素な慰霊式だと思いきや、築地本願寺に到着するなり、大きな看板がお出迎え。

会場一杯の参列者。4,500人はいたのかな。

進行のパンフレットを見ると、遺族席はもちろんのこと、献体の会の会員席、大学教職員、学生席まで。

それぞれ違う病気で亡くなった方達だけども、同じ気持ちを持っている遺族がこれだけ集まると、感傷深いものがありました。

開式の辞から始まり、

「献体者の氏名奉読(186名)」、「大学長の追悼の辞」、「献体の会の会長追悼の辞」、「学生代表の追悼の辞」、「献花」、「医学部長挨拶」

と、長く丁寧な慰霊式。

解剖実習のある学生は参加義務があるのかな。

中には、多分、こういう式に参列するのは初参加と思える、チグハグな服に身を纏う20歳前後の若者達もチラホラ。

この子達に解剖されるのか。
この子はいいけど、この子はちょっと・・・と、遺族たちは服装を見て判断していたに違いない(笑)。

学生代表の男の子が言った、
「献体された方々は、この病気が無くなる事を祈って、未来の医学のために献体に同意されたんだと胸に刻んで、今後精進していく決意でいます。」
の言葉を、絶対に絶対に忘れないでほしい。



無宗教の慰霊式が終わった後は、法要が始まり、全て合わせると3時間弱の立派なものでした。

大学側も研究や実習のために必要なこととは言え、これだけ立派な慰霊式を上げてくれたことには、本当に感謝です。

2日後には、増上寺に、慈恵医大の解剖合同慰霊式の看板が出ていました。
どこの大学も、立派なお寺でやってくれるんですね。
00:29 *** [雑記]医療・介護 | トラックバック(0) | コメント(1) | Top
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。