* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2005.09.09 → アメリカ版インスタント焼きそば
スーパーでアメリカ発のインスタントカップ焼きそばを発見。いつ頃こんなのが出たのかな。知らなかったわ。それは、Nissin(日清)のChow Mein -Teriyaki Beef Flavor- (焼きそば 照り焼きビーフ風味)$1.38。



照り焼き風味ってのがアメリカっぽい。やっぱり甘くないとアメリカ人には受け入れられないのか??

さっそく、説明書を読みつつカップを開けて作ってみました。

カップの中には、麺、小袋3つ(乾燥野菜、粉末ソース、油)。これは、日本と同じだね。

乾燥野菜を麺の周りに入れて、室温の水を半分くらいにある矢印まで入れる。

電子レンジで3分間チン。3分経ったら麺をひっくり返しかき混ぜて、更に3分加熱(面倒くさい・・)。

1分放置。

粉末ソースと油を入れてかき混ぜて、ふぅ・・やっと完成~。

こんなにやっかいな作り方をするのは、おそらく、日本と同じ用にお湯を入れて捨てる手順だと、火傷をしたから訴えてやる!!人たちが続出するためと思われ・・。



味は、テリヤキソース風なので甘めの味付け。
「甘め」って言うのは塩が甘いわけじゃなくて糖分の甘さ(笑)。まぁ、食べられる程度の味と言うかなんつーか・・。麺の食感は悪くないけれど、パッドタイに似ている感じ。味付けが甘いから麺はこれで正解なのかも。

でもやっぱり日本のソース焼きそばがいい!!アメリカ人にはこれでOKなんだろうね。
スポンサーサイト
00:35 *** [サンノゼ]美味しいもの | トラックバック(1) | コメント(4) | Top
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。