* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2006.03.20 → 模様の位置を間違えた
たたら作り(土を板状にして、それを組み立てるようにして成形する技法)で作るカップ&ソーサーの授業の時に作った湯飲みと小皿。土は並こし、釉薬(ゆうやく)は白萩。

本当は持ち手付きのマグカップの予定を、湯飲みに変更してもらいました。初心者のくせに我侭な私の要望もいつも快諾してくれる先生なので、毎回通うのが楽しみ。

湯飲みに適当に入れた模様を小皿にもつけたのだけど、食べ物を置く事を考えずに入れちゃったので、使う時は思いっきり模様が隠れる事に今日初めて気付いたー。駄目じゃん。

今回のカップ&ソーサーでたたら作りは一応終了で、今はろくろ作りを習っています。これが想像以上に面白い!アメリカに戻っても趣味としてやっていきたい。ダンナの上司の趣味が陶芸で自宅に窯まであるそうなので、お願いして焼いてもらえれば続けられるかな。

そして、上にぼよよんと乗っているのはイチゴ大福。白玉粉と砂糖の生地でつぶ餡とイチゴをクレープみたいに包んだだけ。イチゴがあったら作る簡単和菓子の定番です。

-----------------------
自由が丘きらら館
東京都目黒区自由が丘2-8-5
電話: 03-5726-3309
-----------------------


スポンサーサイト
21:58 *** [東京]陶芸 | トラックバック(0) | コメント(6) | Top
* 2006.02.27 → 雛人形
もうすぐひな祭りということで、1ヶ月半前に陶芸教室で作った雛人形が焼き上がりました。

お皿と違って、粘土細工で遊んでいる感覚で作ったので楽しかったのだけど、デザインが自由だったのには困り果てました。いきなり作れと言われてもねえ。
結局、お店で販売されているプロの方の作品を見ながら苦戦すること2時間。お雛様ではなくおブタ様と似ても似つかない物になってしまったけど、良い記念と大切にします。

うちは妹が日本人形アレルギーで、見るだけで食欲が無くなる程大嫌い。そんな訳で、実家の雛人形は自動的に私の物となるのだけれど、アメリカに運ぶのも大変だし、飾っておくと乾燥で顔がパリパリに割れてきちゃうのよね。それも可愛そうだし。こうやって諦めた物が山ほどあるよ・・・。
ま、これなら簡単に持ち運び出来るので、アメリカに持っていこうと思います。



21:59 *** [東京]陶芸 | トラックバック(0) | コメント(8) | Top
* 2005.11.10 → 初・陶芸作品
通っている陶芸教室での初作品。


土は並こし。釉薬(ゆうやく)は白萩。

足が3つ付いているのだけど、均等な形に上手く作れなかった・・。だから、下から見るとかなり不恰好。食器として使う気になれなくて、戸棚に仕舞い込んで記憶から末梢するつもりでいたら、母親がドライフラワーなどを入れて玄関に飾ってくれていました。久しぶりに見たからか、急に愛着も沸いてきちゃったりして。ずっと手に持っていたい食器を、早く作れるようになりたいな~。

17:19 *** [東京]陶芸 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top
* 2005.10.14 → 陶芸教室
一ヶ月ぶりの更新。私だけ日本です。年明けまでこっちにいると思うので、しばらくは日本からの更新になるのだけれど、旦那が写真でも撮ったらサンノゼの話も載せるつもり。

今通っている、東京で一番安い陶芸教室・自由が丘きらら館。坂本九さんの奥様も通われていた教室なのだけど、私の好きな陶芸家・岡部登志子先生に教えていただけるということで、通い始めました。

岡部登志子先生の作品は、白一色の厚みのあるシンプルな和食器でお値段も良心的。少しずつ増やしアメリカでも使っています。左利き用の食器なんかもあって面白い。私も左利きなのだけど、特に意識はしないで今まで生きてきたので、逆にこういうデザインって思いつかないのよね。うーん、勉強になります。

教室も先生もアットホームな雰囲気の中、知り合いの家で和気藹々と作っているような感じがとても気に入っています。なんと言っても、授業料が安いし。やっぱり、安くないと続かないんだよねぇ。



きらら館では様々な作家さんの食器が販売されいて、英語のロゴのスタンプが入った洋食器にも合うような作品も置いてあって、これもアメリカで使いたいなぁ~と購入リストに入れているものも多いお店。

全12回の初級コースなので、全部で12作品作る予定(既に3回は終了)。あまり、和食器!と存在感があるものは好きじゃないから、白でシンプルに作りたいのだけど、そこは初心者の私。幼稚園の頃の粘土細工の気分で作っているうちに最初のイメージと全く違う作品になってしまう~。まだまだだね。

お店の人に聞いたら、秋は陶芸を始める人が多いらしいですよ。
----------------------------
自由が丘きらら館
東京都目黒区自由が丘2-8-5
電話: 03-5726-3309
----------------------------

17:42 *** [東京]陶芸 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。